事業計画作成支援の事例


国、都道府県や市区がおこなう「経営力強化支援」に関連する補助金、制度融資や利子補給を活用する場合には、ほとんどの場合事業計画の提出が求められます。

事業計画に記載する項目は次のような項目です。

  • 会社の課題把握:SWOT分析等を活用して現在会社が抱えている課題を抽出する。
  • 課題への対応案:課題に対して会社はどのようにして対応するのかをきめ細かく検討し策定する。
  • 行動計画の策定:③で策定した対応案の一つ一つについて誰が、何を、いつまでに、どうやって実行するのかという「行動計画」(アクションプランともいう)を作成する。
  • 計数計画の策定:行動計画を実行した場合の「損益計画」(出来れば「貸借対照表計画」・「キャッシュフロー計画も)を策定する。
  • お客様から上記のような事業計画についての作成支援のご依頼がある場合に、事業計画作成のアドバイス等の支援をおこなっています。支援期間は案件の内容にも依りますが、大体1~3ヶ月程度です。